無料ブログはココログ

音楽

2012年10月19日 (金)

コンサートのステッカー

昔 プレーガイドに行くと時々コンサートの販促用ステッカーが置いてあった。

何枚か所有している。

今のプレーガイドはコンビニの機械か??

 

1977年6月 鬼才 Roy Buchanan

ストーンズにも誘われたらしい。

郵便貯金ホールに見に行った

197706roy_buchanan

 

1977年9月 Ian Gillan Band

元 Deep Purple

197709_ian_gillan_band

 

1978年2月 The Doobie Brothers

絶頂期

武道館に行った

197802doobie

1979年1月 Camel

イギリスのプログレバンド

197901camel


1979年2月 Pablo Cruise

アメリカ西海岸のロックグループ

サーフロックと言われているが、音楽性は高いと思う。

行かなかったのを後悔している。

ネットで調べていたら 今年の8月に ほぼオリジナルメンバーで来日していた。

残念!

197902pablo_cruise

相変わらず くだらない物を持っているな・・・・

2012年7月24日 (火)

新宿リバティベル その2

新宿 Liberty Bell 続き。

この店は毎年スキーツアーを企画していた。

バンドが参加して、夜はパーティーで 飲んで踊って大騒ぎであった。

1981年は 植田芳暁&Boyce が同行。

198103_ski1


パーティーはこんな感じ

198103_ski2


バンドの後ろでアンプの上に乗って、スキー場でのお約束?スコップギターを演奏しているのはアルバイト君たち (バカだね)

198103_ski3


こんな楽しいイベントがあった。

植田さんはとても良い方で、テレビ神奈川のファンキートマトという番組に遊びに行ったらバックステージに連れて行ってくださり、その日のゲスト バーティヒギンズと握手をさせてもらった。

ファンを大切にする姿勢もすばらしいと思う。

 

当時のリバティーベルの名物店長の名刺、イラストがそっくりであった。

Photo


この店長には大変お世話になったが、お礼も言えず音信不通となってしまった。

ところが Facebook で店長を見つけ、めでたく連絡がとれ、お礼を言う事ができた。

Facebook は偉大だ。

2012年7月22日 (日)

新宿 リバティーベル

新宿 Liberty Bell

カントリーミュージック系のライブハウス、場所はコマ劇場の裏手。

オーナーは 11PM 等に出演していた 飯塚文雄さん。

1988年一時閉店。

その後場所を移動し新宿で再開後、笹塚に移転。

飯塚さんが亡くなった後も営業を続けている。

オーナーの飯塚文雄さん (1981年頃)

1981_liberty

学生の時 この店で約2年半アルバイトをやった。(1979年~1982年)

アットホームなお店でオーナーを始め、お店のスタッフ、バンドの皆様、お客様も良い方が多く、アルバイトの小僧に対して友人感覚で接して頂き大変楽しかった。

その頃の主な出演バンド

カントリー系
デキシーキングズ,ボビー岡本&ストレートスラッシュ,森下昇&フレンズ,杉はじめ&ホームタウナーズ,清水のり代&吉野五郎,マイク&ノナ,ボビー岡本&インデアンサマー,坂本しげみ&American Dream

ポップス系
サーフラーダース,来栖アンナ,植田芳暁&Boyce,葛城ユキ,アルル,五十嵐夕紀,パイロット

 

オーナーが日テレの 11PM に出演していた事もあり芸能界のお客様も多かった。

三波伸介,谷啓,赤塚不二雄,タコ八郎,タモリ,高田みづえ,マッチ,野口五郎,子門真人 (敬称略,順不同) 等

田舎者の私には大変嬉しかった

 

卒業後も飯塚さんが亡くなるまでまでお邪魔していて、大変楽しい時を過ごさせてもらった。

デキシーキングズのステージ (1980年頃)

1980_liberty

この頃の liberty Bell をご存じの方、コメントお願いいたします。

2012年6月14日 (木)

Greco MR1000

なぜか弾かないのに棄てられない一品

Greco MR1000 Mポジションマーク 1977年製。

MR自体が珍しいが、さらにMポジションマークはかなり珍しいらしい。

宝の持ち腐れ。

錆だらけでボロボロ。

Greco_mr800

バッドカンパニーのミック・ラルフス , 森園勝敏

2012年3月20日 (火)

1975年 Queen のコンサート

1975年4月22日 愛知県体育館 Queen のコンサートに行った。

特に好きだった訳ではなかったがセカンドアルバム (Queen Ⅱ) が良かったので行った。

このコンサートは別な意味で記憶に残る物だった。

ちょうど日本で人気が爆発(特に女性)していたためか、興行主が慣れていないのか、警備を大学の少林寺拳法部かなんかのジャージを着た怖いお兄さんたちがやっていた。

当時はステージめがけ人が殺到するのが当たり前の時代だったが、その人たちに対し怖いお兄さんが鉄拳をふるった。

しばらくそのスペースはぽっかりと穴が空いていた。

また、一緒にコンサートに行った H君が 可哀想に靴の片方をなくしてしまい、片足靴無しで地下鉄に乗って帰った。

コンサートの内容は・・・・・ 記憶が無い。

197504_queen1

  19750422_queen


この頃は 朝日新聞(たぶん)にコンサートの批評が出ていた。

197504_queen2


こっそりと生写真

Scan0007


この後 Queen は 超一流バンドになるのであった。

ツアーパンフレットを持っているが、昨年 神田の古本屋を見ていたら ¥25,000-で売っていた。

普通の物はだいたい¥1,000-くらい。人気の高さが解る。

Queen1

2012年3月18日 (日)

ロックのフィルムコンサート

今は無いと思うが、1970年代には フィルムコンサートなる物を行っていた。

当時はコンサートに行かないと動いてるアーティストなんか、なかなか見られない時代だった。

NHKの ヤング・ミュージック・ショーくらいか。

東京では リブヤング?? があったみたいだが、私が東京に出て行った頃には終わっていた。

そのためフィルムコンサートは有り難かった。

"ロリーギャラガー と サンタナ の 来日記念 フィルムとマスターテープコンサート"

コンサートの宣伝のため無料だけれど凄すぎる。

私は フィルムコンサートは行ってないが、どちらも 本物のコンサートは行った。

1977_udo

Photo_2

手書きのチラシやデザインされたチケットが良い味出している。

当時のチケットは地方によってデザインが違っていた。

今のチケットはつまらないね。

フィルムコンサートといえば、

高校時代名古屋に住んでいた時に行った ウッドストックのフィルムコンサートに、当時 ほぼ無名の グレープ (さだまさし がいた) が生で出ていた。

ロックのフィルムコンサートで グレープの 精霊流し・・・ 異様な雰囲気だった記憶あり。

2012年1月23日 (月)

昭和歌謡は偉大だ

WiMAXを使ってコミュニティーFMを聴きながら通勤をしてみた。

とりあえず地元の REDS WAVE を聴いてみる。

番組は 昭和歌めぐり という番組で、"往年の名曲とともに昭和を振り返ります" というコメントが出ているように ヒット曲ばかり ポップスから演歌までかかっていた。

1時間全て聞いたが全ての曲を知っている。

嫌いだった演歌も 五木ひろし、千昌夫、吉幾三・・・  歌えるかも。

今の歌謡曲というか J-POP あまり知らないぞ。

音楽業界 良い時代だったんでしょうね。

Ep_jp_2


演歌はないけど適当な EPレコードのジャケットをまとめてみた。

(変な物も混じってるけど・・・)

-----------------

ところで WiMAXの使い勝手

速くて良いぞ。地図でも画像でもサクサク。

但し、地方都市のためかエリア内でも ビルの中(特に上の階)など切れる場所が多い。

インフラもう少しがんばってくれないと契約出来ません。

都内で使ってる人は 概ね好調と言ってた。

2012年1月 9日 (月)

東京駅ホームの屋根

天下の東京駅 5、6番線(山手線、京浜東北線 南行き)のホームの屋根は何と木製です。

所々 装飾物も見受けられます。

多分皆様 興味も無いと思いますので全く気が付かないと思います。

東京駅のホーム屋根はソーラパネル付きの屋根になるという噂もあるので見納めですか?

Dscf7716

Dscf7709_2


Dscf7714_2



ついでに、地元の東武鉄道の駅の屋根の支柱は古いレールを使っていますが、そのレールは なんと1897年製です。

1897年は東武鉄道が設立された年で 開業は1899年とのことです。
古いローカルな駅なので残っているのでしょうね。
Rail_1


刻印に CARNEGIE 1897 ET IIIIIIII TOBU とありますが、CARNEGIEとは、米国の製鋼会社カーネギー だそうです。

(masaharus-eye さん情報使わせて頂きました)

-------------------------

今日の1曲

Pablo Cruise / A place in the sun のラストの曲 EL VERANO

Pablo Cruise は サーフロックとして有名で明るいポップな曲が多いですが、この曲はインストルメンタルのすばらしい曲です。

初期の頃はこの手の曲も多かったですね。

Pablo_cruise_a_place_in_the_sun1

2012年1月 8日 (日)

C62 3重連

また古いネタです

ニセコ1号  小樽~塩谷 / 1971年 9月 15日 (と思われる)

19710915c623

古いネガは 紛失、退色、キズ、カビ ・・・

30年以上 ほっといたからしょうがないけど もったいない。

この写真も赤くなっていて色の調整に苦労しました。

元の色が解らないので適当です。

Photo

きっぷもだいぶ行方不明。

青函連絡船の乗船名簿 どこいった。

--------------

今日の一品

1975年 Eric Clapton のパンフレット

名古屋から日本武道館まで見に行きました

Clapton2

2012年1月 4日 (水)

東武鉄道 紫のスペーシア

2011年の年末から走り出した様です

Img_3874

------------

何故か 今日の1曲

The Shocking Blue の Never Marry A Railroadman (悲しき鉄道員) 1970年

私が洋楽(古いな~)を聞き始めるきっかけとなった曲

The_shocking_blue_never_marry_a_r_8