無料ブログはココログ

携帯・デジカメ

2014年1月 5日 (日)

nexus7 で MVNO その2

MVNO(楽天ブロードバンドLTE) で nexus7 (2012) をネットに繋いでいる。

http://torablog.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/nexus7-mvno-f70.html

容量が 300MB/月 と少ないので、週1 程度 外に持ち出し使うと容量オーバーになりそうになる。

スマホも有るので特に不便は感じないが、やはりもう少し容量が欲しい。

先日 biglobe から 1GB/月 で ¥980- 、さらに解約の縛りが無い、というプラン (BIGLOBE LTE・3G エントリープラン)が発表になり、乗り換えたい衝動にかられた。

しかし、初期費用が¥3,150- かかるので却下した。

 

正月休み 近くの イオンでフラフラしていたら、BIGLOBE LTE・3G for イオンが 何とキャンペーンで初期費用 ¥980!

思わず買おうとしたが miniUIM が欠品・・・

大変好評らしく品薄になっているらしい。

近くのイオンの在庫を調べてもらったところ、在庫ありとのことで取り置き依頼し、やっと入手。

Main_1

Main_2

とりあえず 回線速度を計測。

前の楽天、biglobe とも 下り 1MB 程度。

こんな物か・・・

(nexus7 (2012) は LTE 未対応なので回線スピードは速くない)

 

楽天ブロードバンドLTE は解約となる。

楽天は初期費用、解約手数料も無く 手軽に使えて大変ありがたかった。

もう少し容量が多ければやめなかったが・・・

2013年11月24日 (日)

ベトナムでデータ通信

出張でベトナム出張となった。初ベトナムである。 (2013.11)

ベトナムは通信料が安く、通信天国 と関連会社の駐在員さんが言っていたので、1週間の短期であったがデータ通信に挑戦。

このために、SH-02E の SIMロックを解除し持参。(docomo で \3,150)

下調べしたが、どこの通信業者の どのコースが良いか解らないので、現地に行ってから駐在員さんと ローカルの幹部さんにお願いする。

行った場所が ハノイ(ノイバイ)空港近くの工業団地(田舎)のため、電波状態も気になるところである。

買ってきてもらったのが Viettel の ECONOMY と言う SIM。

Viettel_sim1

お願いしたのが Micro SIM を 1枚。

ところが、買ってきてもらったのが Mini SIM 2枚。

サイズを間違えた挙げ句、同行者の分まで買ってきてしまった。

言葉の壁、と言うより メモ等で説明するべきだった。

価格は 1枚 150,000ドン (約750円) → SIMの価格が 100,000ドン、チャージが50,000ドンらしい。

安い!

中国も安いが、ベトナムは別格と思われる。

SIMもカッターで切ってくれて、ありがたいことです。

Viettel_sim2

早速、ホテルに帰り SH-02E に入れる。

電話は問題なく使用可能。

次に ネットの設定。

プランはネットでおすすめと書いてあった MiMAX に決める。

このコースはネットが 500MB/30日 50,000ドン(約 250円)で使えるらしい。

PCで設定方法を検索しながら設定を進める。

1.SMSで "3G ON" を "161" に送信 → ベトナム語のメッセージ着信

2.SMSで "MiMAX"  を "119" に送信 → ベトナム語のメッセージ着信

3.SMSで "CO"  を "119" に送信 → 完了

4.APNの設定

  APN: v-internet

  User: (空白のまま)

  Pass: (空白のまま)

5.スマホを再起動すればOK

のはずであったが、繋がらない。

ベトナム語のメッセージが全く解らないので状況の切り分けも出来ない。

Viettel_sim3

結局、翌日 ローカル幹部さんに設定依頼。

なんと、APN の設定で、名前は v-internet にしたが、APNを入れ忘れていた。

(それ以外にも 何かトラブルがあったようで有るが、解らずじまい)

通信速度は問題なく、速い。

しかし混んでる時間なのか、電波状況が悪いのか 時々 極端に遅くなる。

異国の地で言葉も通じない国でネットや電話が繋がるのは 大変に心強い。

SIMは空港や町中で簡単に購入できるらしい(言葉が通じれば・・・」)し、この点は 良い国だ。

2013年4月21日 (日)

おやじの無駄遣い

コンパクトデジカメの相棒 Canon IXY 600F を壊してしまった。

中国出張中に コンクリートの床に落下させてしまった。

落としたときは電源も入るし画像も撮れるので問題無いと思ったが、夜 飲み会で使おうとしたら フラッシュが光らなくなっていた。

あまりフラッシュを使わないが、無いと困る・・・

ということで、新しいコンデジを買うことにした。(金も無いのに)

初めは 600F の後継 610F を候補としたが、あまり代わり栄えがしないのでほかを探す。

コンパクトな物で良さそうな物を探していたら見つかった。

Sony Cyber-Shot DSC-WX300 、コンパクトで光学ズーム 20倍!

価格も 600F +¥5,000 位。

サイズも、かなり小さかった 600F より若干厚みがある程度。

シルバーが IXY 600F , 黒が Cyber-Shot DSC-WX300

Photo

この機種の売りのズーム比較

WX300 光学 20倍

Wx600_x20500


IXY 600F 光学 8倍

600f_x8224


EOS KISS X4 250mm

Kiss_250325


さすがにズーム倍率はすごい。(手ぶれはかなり気をつけないと・・・)

WX300 には 全画素超解像ズームと言う機能があり、あまり解像度を落とさずに 40倍まで拡張出来る機能が付いている。

その画像

Wx600_x40


さすがに画質は荒れるが、デジタルズームよりは良いだろう。

 

少し使っていて気がついた残念なところ。

データ容量が大きすぎる!

Canon , Fuji 等に付いている 保存時の画像圧縮モード(ノーマルとファイン)が無い。

メモリーカード、PCのHDD、バックアップ DVD 等に多少影響あり。

 

とはいえ、今のところ良い買い物をしたと思う。

2013年4月20日 (土)

中国での スマホのデータ通信 その2

中国出張に行ったので再びスマホでデータ通信に挑戦。

以前の記事。

http://torablog.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-6893.html

 

今回は Chine Mobile で挑戦。

ネットで調べても  Chine Mobile は 2G 通信で遅いとの情報があったが やってみた。

今まで通話専用だった、プリペイドSIM "神州行" の設定を変更してデータ通信を有効にする。

と言っても Chine Mobileに電話して中国語ガイダンス通りに設定していく方法なので、私には不可能である。

そこで会社の中国人にお願いして設定して頂く。

設定は出来た、とのことで少し触っていたら、電話が出来なくなっている。

再び 中国人にお願いして電話を使えるようにして頂く。

ネットで設定方法を調べ、APN:cmnet 、MCC:460 、MNC:00 を設定する。

とりあえず繋がる。

ところが、遅くて使い物にならない。

yahoo にアクセスしても データアクセスエラー で表示もしない。

Image1

 

テキストだけのページだと表示可能。

(気象庁のページ)

Image2

 

google は google ロゴが ? になって表示しない。

Image3


ネットで調べるとデータ通信料が高い様である。

今回は画像が表示出来ないので ほとんど通信料はかからなかったが・・・。

 

設定が悪いのか、こんな物か不明だが、これは使い物にならないので却下。

前回 試した China Unicom の 風行?SIM 方が良いと思われる。

2013年2月17日 (日)

nexus 7 3G版に docomoのSIMを入れてみる

せっかく nexus 7 3G版を買ったので docomo の SIMを入れてみる。

SIMは SH-02E に入っている LTE 契約の物。

nexsus 7 は電話機能は無いのでデータ通信が出来るか検証。

結果:つながりません。

たぶん設定方法が悪いと思われるが、ネットで検索しても 純正 docomo のSIMを入れた記事を探せなかった。

docomo MVNOを入れて使っている方は多いのだが。

 

起動時の画面では docomo 表示あり

Img_5689


APN設定は docomo の HP の指示通り mopera.net を選択。

Sim_1


Wi-Fi を ON にすると 3G のアンテナは立つ。

Sim_3


しかし、Wi-Fi を OFF にすると 3G のアンテナがグレーアウト。

Sim_2


Wi-Fi ON でも Wi-Fi に接続出来ないと グレーアウトになって接続不可。

 

当面 純正 docom SIM で 3G を使うことは無いので、使用可能かボチボチ探っていきたい。

 

これとは別に LTE 契約の SIM を docomo の ガラケー (F-11C) に入れてみた。

こんなときのために SIM アダプターも購入済み。

Img_5456

電話は問題なし。

Xiカケホーダイに対応しているらしいが詳細は不明。

メールは NG。

i-mode を契約していないので無理でしょう。

 

2013年1月20日 (日)

中国での スマホのデータ通信

以前から 中国での携帯電話の記事を書いていたが、今回 スマホでのデータ通信のネタを一つ。

以前の記事

http://torablog.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/docomo-f-12c-si.html

 

中国出張に同行された方が中国でのプリペイド電話用のSIM を中国人に買ってもらうようにお願いをした。

docomo のSIMロックを解除したスマホを渡してお願いしたところ、気を利かせて3G通信が出来る SIMを買ってきてくれた。

通話もデータ通信も可能。

China Unicom の下記 SIM と思われる。

Chine_unicom

購入場所は 広東省 東莞の外れの街。

価格は 100元でかなり おつりが戻ってきたらしい。

チャージが少なかったので 追加で100元チャージしたとのこと。

ここら辺は詳しく聞けば良かった。

 

人の物なのでテザリングの可否など検証が出来ないのが悔しいところである。

中国のキャリアは同じ会社でも地方により製品やサービスが異なるみたいである。

詳しく調べたいが、ネットで検索しようにも 製品名が中国漢字なので入力もできず検索も出来ない。

(China Unicomの HP は画像での商品紹介が多く、商品名をコピペできない)

 

使用した方の感想

実効速度はかなり速い、電話代もデータ通信費も安く、かなり満足。

中国本土では、電話+データ通信、香港では電話のローミングのみ可能らしいとのこと。

 

同じ China Unicom の 似たようなSIMを調べると、1MB換算で0.3元(日本円約4.4円)。

100MB使っても 450円以下。

私なら100Mだと数日分である。

docomoの海外パケホーダイ、24.4MBまで \1,980-/日 と比較すると 雲泥の差である。

私も買いたかったが、自分では買えず(中国語が全く出来ない)購入チャンスは無かった。

毎月 残高から20元 (18元?) 引かれるらしいが、出張の度に使い捨てにしても魅力あると思う。

次回出張があったら是非とも購入したい。

 

今回も飛行機からの画像を1枚

Img_5189

2012年12月22日 (土)

AQUOS PHONE ZETA SH-02E

AQUOS PHONE ZETA SH-02Eを買ってから 10日程度。

Img_5064


気になる点を少々。

 

まず購入時の "頭金 " と呼ばれる物は何でしょう??

頭金というと普通 端末代の一部と考えるが、携帯業界は、端末代+頭金 である。

携帯の頭金は、端末価格に販売店が独自に料金を上乗せした金額らしい。

それはそれで良いのだが、多くの店では価格を書いたポップにそのことが明記されていない。

契約時になって説明されるので困惑してしまう。

通常は、追加オプションを申し込むと 0円になるようになっているらしい。

店にも依るが オプション加入をしないと¥2,000~¥5,000-位 高くなってしまう。

当初から言われているが、携帯の購入時の代金、ランニングコストの計算は難しい。

 

SH-02E の使い心地。

フリーズや勝手なシャットダウンも無く 概ね良好。

バッテリーの持ちも 私の使い方だと 残量は1日使用で 50%弱くらい。

ネット:1時間、メール:数通、電話:5~10分

エコ技設定をして、出来るだけ起動アプリを落として使用。

広告通り "2日持つ" は無理だとしても、1日は問題無く使えそうである。

1日に 2回も3回も充電するのに比べれば天国か。

但し、電池が交換できない仕様なので バッテリーが弱ってきたときにどうなるか心配である。

バッテリーの交換は ¥7,350- らしい。

 

もう一つ心配な点。

バッテリーが外せないので、フリーズ時の復帰、強制リセットが出来るか心配である。

取説をざっと読んだが書いてないようだし。

ネットで検索すると 強制リセットは 電源13秒押し とのこと。

ソフトが暴走しているのだから ソフトリセットは あまり信用できないな・・・

 

ついでにモバイルチャージャーも購入

Panasonic QE-QL201-W

Img_5069_3

これを買うと スマホ代が 3%引き+モバイルチャージャー代も ¥500引きのキャンペーン中とかで、¥400円ちょっとで買った計算。

チャージャーは買う予定だったので嬉しい誤算。

息子が使ったが、なかなか便利、と言っていた。

 

近頃の家電、情報機器は 機能が多いが、半分も使っていない。

今回のスマホも 始めは いろいろいじっていたが、今は 電話とメールとネットしか使わない。

そんなものか・・・

 

買った後で領収書を見たら、ドコモポイントを使ったのに 引かれてない!

¥300なのであきらめるか・・

2012年12月15日 (土)

おやじの心変わりと無駄使い / スマホ購入

とうとう docomo でスマートフォンを契約してしまった。

AQUOS PHONE ZETA SH-02E、バッテリーが2日持つと宣伝している物。

 

今まで 電話はガラケー (F-11C)

ネットは docomo MVNO(b-mobile U300 , plalaモバイル) and スマホ(F-12C)  or 光モバイル+iPod Touch

という 少し "はみ出し者" となっていた。

しかし、通信速度や F-12C の安定度に欠ける点、外出時の2台持ち、に不満が生じてきた。

 

plalaモバイルは、最大 1.5Mbps と謳っているが 近頃は実際 300~400kbps 辺りが平均。

1Mbps 以上出なくなった。

せめて 平均で 1M 近くまでは出て欲しい。

b-mobile U300 は 最大 300k であるが、使っていたときは それに近い数字が出ることもあった。

(b-mobile も近頃 遅くなった、との情報有り)

さらに plalaモバイルは 通常サイズの SIM しか提供しておらず 近頃のスマホには入れられない。

切ってしまう、と言う手もあるが、退会時 SIM の保証金 ¥3,990-を取られるし。

ここら辺のサービスも b-mobile とは全然違う。

 

F-12C は かなりの消電対策をしたつもりでも 何もしないのに一晩でバッテリー切れや、フリーズ、再起動は日常茶飯事。

MVNO で テザリングが出来るという最大のメリットはあったが残念な結果である。

F-12C は SIMロックを解除したので、今後も中国等 海外用の電話端末として使用するつもりだが・・・・

バッテリーの持ちを考えると F-11C (ガラケー) のSIMロックを解除したほうが良かったか?

判断が甘いな~。

 

無駄使い精算

ガラケー(F-11C)、スマホ(F-12C)とも 2月にオークションで落としたが10ヶ月弱の命。

約 ¥43,000-

plalaモバイルは 2年縛りの違約金 ¥15,750-

相変わらず 買い物が下手である。

2012年9月10日 (月)

docomo F-12C 中国SIM 使用/ おやじのおもちゃ その11

短期間だが中国出張があった(現在も滞在中)ので、やってみたかった docomo F-12C (SIMロック解除済み) に中国SIMを入れてみた。

前回の記事は下記

http://torablog.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/docomo-f-12c-si.html

SIMは China Mobile (中国移動通信) の音声用? プリペイドSIM "神州行"と思われるもの。(他人が購入したもの)

香港到着時に SIMを入れてみる。

近頃は中国SIMでも香港で使用可能、との噂があったが、使用不可。

調べてみると、ローミングの申請が必要らしい。

F-12Cのロック画面には "SMC-VODA" と表示。

Hk


HKから 高速フェリーで 珠光デルタ都市方面へ。

出航後しばらくして電話をしてみると中国国内へ通話可能となった。

ロック画面には "SMCC" と表示。

その後も何度か送受信したが問題なく使用可能。

 

次にデータ通信をやってみる。

(中国 SIMを入れるとき データ通信は無効に設定した)

データ通信を有効にしてみたが、繋がる様子なし。

使っている SIMは音声専用なのか、データ通信をするためには何らかの申請が必要なのか??

 

一つ不明な点が。

相変わらず電話番号を表示しない。

F-12Cの、設定 → プロファイルは "空白" 、端末情報 → 端末の状態では "不明" と表示。

docomo以外の SIMは表示しないのか??入れている SIMが悪いのか??

とりあえず F-12C での SIMロック解除の確認と、海外SIMの動作確認が出来た。

 

しかし、スマホにも関わらず電話しかできないのもおもしろくない。

今回は時間がないので、次回出張等があったら中国での3Gデータ通信に挑戦したい。

2012年8月12日 (日)

iPnone 4 売却

本日 iPhone 4 16G Black(MC603J/A)を売却する。

端末代の 2年分割が残っているため ネットワーク利用制限が △ 状態である。

20120812_

昨日 家の近くの大手リサイクルショップに持って行ったら、買い取り上限価格が \10,000- とのことで却下。

 

と言うことで秋葉原に行き、パソコン・携帯電話の中古関係 大手の店で売却を計画。

ここでは買い取り上限価格が ¥18,000-。

但し、ネットワーク利用制限が △ のため売却には制限がある。

当日の支払いは半額。

  ↓

利用制限が ○ になった時点でお店にネット上から申請。

  ↓

お店が確認後に残金が振り込まれる。

という手順になるとのこと。

 

さらに問題があり、売却する iPhone は故障したため本体をアップルストアで交換している。

交換した場合、アップルとソフトバンクとで情報が伝わらない場合があり、お金を払い終わっても 利用制限が ○ にならないことがあるらしい。

その場合はこちらでソフトバンクとの対応を取る必要があるとのこと。

このような事例が多々あるらしい。

 

持っていても使わないし、このまま塩漬けしても価値が下がる一方なので 売却決定。

幸い付属品も全てあり、大事に使っていたためか上限価格で売却出来た。

問題なく 利用制限が ○ になることを願う。