無料ブログはココログ

パソコン・インターネット

2021年7月 3日 (土)

Windows11 その2

Windows11の要件を満たさないPCにWindows11がインストール出来たので、更に古いPCでもトライしてみた

PCは10年前の物 (Core i5-2410M搭載) 


残念であるが、Windows10 (Insider Preview) のWindows Update に Windows11が表示せずインストール不可であった。

要件もNGが多くあり、さすがに古すぎたか。

古くてもサブ機としてはそこそこ使えているので、Windows11入れたいけど。

正式版が出る前に一喜一憂していても何ですが・・・

20210703_dv7 

2021年7月 2日 (金)

Windows11

Windows11のインストール要件が結構厳しい

試しに要件を満たさないPCにWindows11(Insider Preview)のインストールを試みたら入ってしまった・・・

Let's Note CF-NX4

満たされない要件は、CPUとTPM

 

製品版でもこのように古いPCでも Windows11が使えると良いね

Win111_20210702223902 Windows11 Win113

2014年1月 5日 (日)

nexus7 で MVNO その2

MVNO(楽天ブロードバンドLTE) で nexus7 (2012) をネットに繋いでいる。

http://torablog.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/nexus7-mvno-f70.html

容量が 300MB/月 と少ないので、週1 程度 外に持ち出し使うと容量オーバーになりそうになる。

スマホも有るので特に不便は感じないが、やはりもう少し容量が欲しい。

先日 biglobe から 1GB/月 で ¥980- 、さらに解約の縛りが無い、というプラン (BIGLOBE LTE・3G エントリープラン)が発表になり、乗り換えたい衝動にかられた。

しかし、初期費用が¥3,150- かかるので却下した。

 

正月休み 近くの イオンでフラフラしていたら、BIGLOBE LTE・3G for イオンが 何とキャンペーンで初期費用 ¥980!

思わず買おうとしたが miniUIM が欠品・・・

大変好評らしく品薄になっているらしい。

近くのイオンの在庫を調べてもらったところ、在庫ありとのことで取り置き依頼し、やっと入手。

Main_1

Main_2

とりあえず 回線速度を計測。

前の楽天、biglobe とも 下り 1MB 程度。

こんな物か・・・

(nexus7 (2012) は LTE 未対応なので回線スピードは速くない)

 

楽天ブロードバンドLTE は解約となる。

楽天は初期費用、解約手数料も無く 手軽に使えて大変ありがたかった。

もう少し容量が多ければやめなかったが・・・

2013年11月24日 (日)

ベトナムでデータ通信

出張でベトナム出張となった。初ベトナムである。 (2013.11)

ベトナムは通信料が安く、通信天国 と関連会社の駐在員さんが言っていたので、1週間の短期であったがデータ通信に挑戦。

このために、SH-02E の SIMロックを解除し持参。(docomo で \3,150)

下調べしたが、どこの通信業者の どのコースが良いか解らないので、現地に行ってから駐在員さんと ローカルの幹部さんにお願いする。

行った場所が ハノイ(ノイバイ)空港近くの工業団地(田舎)のため、電波状態も気になるところである。

買ってきてもらったのが Viettel の ECONOMY と言う SIM。

Viettel_sim1

お願いしたのが Micro SIM を 1枚。

ところが、買ってきてもらったのが Mini SIM 2枚。

サイズを間違えた挙げ句、同行者の分まで買ってきてしまった。

言葉の壁、と言うより メモ等で説明するべきだった。

価格は 1枚 150,000ドン (約750円) → SIMの価格が 100,000ドン、チャージが50,000ドンらしい。

安い!

中国も安いが、ベトナムは別格と思われる。

SIMもカッターで切ってくれて、ありがたいことです。

Viettel_sim2

早速、ホテルに帰り SH-02E に入れる。

電話は問題なく使用可能。

次に ネットの設定。

プランはネットでおすすめと書いてあった MiMAX に決める。

このコースはネットが 500MB/30日 50,000ドン(約 250円)で使えるらしい。

PCで設定方法を検索しながら設定を進める。

1.SMSで "3G ON" を "161" に送信 → ベトナム語のメッセージ着信

2.SMSで "MiMAX"  を "119" に送信 → ベトナム語のメッセージ着信

3.SMSで "CO"  を "119" に送信 → 完了

4.APNの設定

  APN: v-internet

  User: (空白のまま)

  Pass: (空白のまま)

5.スマホを再起動すればOK

のはずであったが、繋がらない。

ベトナム語のメッセージが全く解らないので状況の切り分けも出来ない。

Viettel_sim3

結局、翌日 ローカル幹部さんに設定依頼。

なんと、APN の設定で、名前は v-internet にしたが、APNを入れ忘れていた。

(それ以外にも 何かトラブルがあったようで有るが、解らずじまい)

通信速度は問題なく、速い。

しかし混んでる時間なのか、電波状況が悪いのか 時々 極端に遅くなる。

異国の地で言葉も通じない国でネットや電話が繋がるのは 大変に心強い。

SIMは空港や町中で簡単に購入できるらしい(言葉が通じれば・・・」)し、この点は 良い国だ。

2013年10月12日 (土)

nexus7 で MVNO

nexus7 (2012) 3G版を持っているが、未だに 3Gを使った事が無い。

あまり使用することは無いのでとにかく安い MVNO を探すことに。

スマホでテザリングも出来るし、何のために買うかは考えないことにする。

(結局 無駄使いなのだ!)

 

OCN モバイル ONE の 30MB/日 , ¥980/月 (初期費用 ¥3,150-) が評判も良く第一候補に。

解約の 「縛り」 も無さそうだし。

たぶん2年も使わないから、これは重要。

以前 ぷららで痛い目に遭っているし・・・

http://torablog.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-bb86.html

 

さらに色々調べていると 楽天ブロードバンド LTE エントリープランを発見。

300MB/月 と OCN より使えるデータ量は少ないが ¥875/月で、さらに今だとキャンペーンで初期費用 \3,150- が無料! → これは良い。

不満が有った場合、すぐに解約しても痛手は小さい。

しかし、通信速度であまり評判がよろしくなさそう。

 

結局、楽天ブロードバンド LTE エントリープラン を申し込み。

申し込み後 3日で SIM が届く。

Img_20131012_0002

docomo の MVNO なので いつもの docomo の SIM

但し、カードの裏は

Img_20131012_0005
注意書きにシールが貼ってあり、内容を隠している。

 

早速 nexus7 (2012) にSIMを入れ 設定。

設定は 楽天から送られた資料を見て入力。

問題なく設定終了。

 

回線速度の測定を RBB TODAY SPEED TEST でやってみる。

nexus7 (2012) は LTEに対応していないので 3G での接続となる。

結果は「測定中にエラー発生」 で測定不可。メーター見ていても遅そう。

次に Rapidnet と言うところで測定。

下り: 1.3Mbps、上り:0.2Mbps

やはり寂しい結果。

画像があるサイトや地図は少し苦しい。

動画は見ていないが無理だろう。(スピードよりも使えるデータ量で難しい)

 

ちなみに、スマホの LTE 速度は

下り: 8.2Mbps、上り:2.5Mbps

 

しばらく遊んでみることに。

2013年8月31日 (土)

nexus7 で docomo Wi-Fi

今まで知らなかったが、docomoのスマホ以外でも パソコン等で docomo Wi-Fi が使えるとのこと。

せっかく docomo Wi-Fi を契約しているので、nexus7 で docomo Wi-Fi に接続してみることに。

docomo Wi-Fi は 今だと Xiパケ・ホーダイ 等 を契約すると永年無料になる。

まずは my docomo で自分の契約内容を確認し、docomo Wi-Fi の ユーザID / パスワードを確認する。

(詳しくは docomo のページを参照してください)

Login3

次に nexus7 の Wi-Fi の設定を行う。

Wi-Fi のネットワークの追加で 上記の SSID , WEPキー を登録。

docomo Wi-Fi のサービスエリアで docomo に接続、次にネットに接続すると下記メニューが開くので ユーザID / パスワード を入力、"次回から~" にチェックを入れログイン。

Login


ログインが完了すると下記表示が出て接続完了となる。

Login2

難点は、当たり前だが docomo Wi-Fi のサービスエリアでないと設定できないところ。

盆休みの名古屋・大阪旅行や岐阜の出張前に知っていれば、移動の新幹線内のネット接続が便利だったので残念である。

2013年8月18日 (日)

HP ノートPC dv7 の内蔵無線LAN カードを交換

メインのノートPC は HP の dv7-6000 を使っている。

無線LAN は IEEE 802.11a (5.2GHz) に対応していない。

今までは家の無線LANルータは 2.4GHz のみ対応だったので良かったが、無線LANルータを買い換えた (NEC Aterm WG600HP) ため IEEE 802.11a 対応のカードが欲しくなった。

理由は 電子レンジを使うと リンクが切れてしまうため。

と言うことで 「再生屋」というサイトで物色。

HP と Lenovo は Biosか何かで 汎用のカードが使えないので HP,Lenovo 専用で探す。

Intel Wireless WiFi Link 5100 (512AN MMW) ハーフサイズに決定し購入。

 

数日で納品、早速交換を実施。

裏蓋を外し、アンテナ2本とねじ2本 を外し交換。

Dv7


電源を入れると・・・・、下記表示が出てPCが起動しない。

------------------------------------

Wireless Module not supported.

The system has detected a Wireless module installed in the system is not supported.

System halted. Please remove device and restart.

------------------------------------

Bios の起動前にこのメッセージが出てしまう。

ネットで探してみたら 2chに動作不可の書き込み発見。

他の IEEE 802.11a 対応カードも動作する物が無いようである。

「再生屋」のコメントで HP専用でも動作しない物があるので注意しなさい、と書いてありますが。

HP はハードの制限が多すぎる。

 

せっかく買ったカードを "タンスの肥やし" にするのも何なので搭載できそうなPCを物色。

HP or Lenovo で ハーフサイズのカードの入る PC ・・・

Netbook の ideapad S10-3 を発見し、カードを交換。

Dsc01038


こちらは問題なく動作。

 

結局 目的のメインマシンの電子レンジ対策は出来ず惨敗。

2013年7月28日 (日)

HP dv7-6000 のHDDケーブル

現在のメインPCは 2011.4 購入のHP dv7-6000 を使用している。

17inのディスプレーに 1,600×900 の解像度という おやじに優しい解像度で気に入っている。

また、ノートPCには珍しく HDD を2台搭載可能。

但し、2nd HDD  からの起動は不可。(bios や 起動メニューに設定無し)

 

このところ Windows 8.1 Preview を別な HDD に入れたりしたので、内蔵HDDの交換をよくするようになってきた。

内蔵HDDの交換はHDDケーブルが簡単に外せれば簡単であるが、このPCは比較的面倒である。

PCの裏蓋開け、マウンター固定ねじ4本、HDD固定ねじ4本を外し、やっとHDDケーブルが外せるようになる。

ただ、このPCの裏蓋を開けるのはレバーですぐ開くので他のPCと比較すると楽な方である。

裏蓋を開けたところ

All

ケーブルが抜けないようにマウンターで抜け防止を行っているためマウンターを外さないとケーブルは取れない。

Dsc00818


そこで、ネットでHDDケーブルを探して購入することにした。

購入したのは 「HP DV4 DV5 DV6 DV7 HDD コネクタ」 と言う物。

DV7 が入っていたので安易に購入。(楽天で 本体¥682、送料¥300)

Dsc00816


これで HDDの交換が楽になると喜んだ。

 

ところが、接続しても "ブートできるHDDが無い" とエラーが出て起動しない。

そもそもHDDが認識されていない。

ブートHDDは今まで通り接続し、2nd側にこのケーブルを挿して起動しても認識しない。

たしかに、PC側コネクターのケーブルが出ている方向が違うなど、物の造りは少し違う。

PC側のコネクタは同じ物と思われるので、HPが仕様を変えたのか??

ネットで検索しても情報は見つからない。

ケーブルの不良なのか、ケーブルの仕様が違うのか謎のまま、お蔵入りに・・・・

2013年7月 7日 (日)

おやじの無駄使い その・・・(忘れた)

Samsung SSD 840 の 250GB を買ってしまった。

SSD 購入は 2台目である。

以前 Kindstone  SSDNow V+200  120G  という SSD を買ったときの記事を書いている。

http://torablog.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/lenovo-ideapad-.html

 

今回の SSD も特に速いモデルでは無く、コスト優先で購入。

Samsung の 「ニコル人形来店」 で 250GB は ¥2,000引き 、さらに ¥2,000分の Visaギフトカードによるキャッシュバックがある、とのことで秋葉原に買いに行く。

画像を撮り忘れたので、ニコル人形は下記リンクを (勝手に貼ってすみません)

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/img/ah/docs/606/351/html/05samp4.jpg.html

昨日 (7/6)は ドスパラに ニコル人形が来ていたが、別の店(ツクモ)の方が安かったのでそこで購入。

 

この SSD はメインマシンの HP dv7 (Note PC) に入れることにする。

いつもの通り、HDD → SSD に 丸ごとコピーを実施。

今回も ベンチマークをソフトでは実施せず、PCの起動時間のみ測定。

Windows 8 のスタート画面が出るまでの起動時間を測定。

HDD:約60秒、SSD:約33秒

かなりの速さである。

アプリの起動も早くなった気がする。

なかなか良い買い物であった。

 

今回は画像が無いので、頂き物の サクランボを。

山形産 佐藤錦、見た目も綺麗、味も良し。

Cherry

毎年 親戚の方が送ってくださる。

ありがたいことです。

2013年6月30日 (日)

Windows 8.1 プレビュー版を入れてみる

Windows 8.1 プレビュー版が公開されたので早速試すことにした。

いつもの通り、使っているシステムは壊さないように別なHDDにコピーを行う。

プレビュー版は一度入れるとアンインストールは不可、とのことで気をつけましょう。

と思っていたらコピーツールが windows 8 では動作しないようなので、新たにコピーツールを購入することになる。

購入したのは ライフボートの コピーワークス13。

ダウンロードで購入したが、CDブートが出来るメディアはダウンロード後、再度作成が必要。

これがまた windows PE を Microsoftから DL するなど結構面倒で時間もかかった。

 

なんとか HDD をコピーし、HDDを PC に入れ替え、Windows 8.1 プレビュー版をインストール。

インストールは Microsoft の HP より実施、インストール時間は 1.5~2時間くらいかかる。

System0_4
systemの表示も Windows 8.1 Preview と表示。

8.1 の大きな特徴は、スタートボタン(もどき)の復活、起動時にスタート画面ではなくデスクトップから起動可能、などがあげられている。

11_2

スタートボタン復活、と、思ったら単なる キーボードの Windows Key と同じで、デスクトップとスタート画面の切り替えのみ。

マスコミの windows 8.1 スタートボタン復活!の記事は書きすぎでは?

ただし、スタートボタン(もどき)を 右クリック すると下記のメニューが出てきて、シャットダウン等が出来るようになっている。

少しは機能向上している。

2

 

次に、起動時にスタート画面ではなくデスクトップから起動可能の設定 と スタート画面で壁紙が設定可能。

ツールバー 右クリック、プロパティーを選択すると下記メニューが開く。

4

上記 赤枠部にチェックを入れると、起動時にスタート画面ではなくデスクトップから起動可能。

青枠部のチェックを入れると、スタート画面で壁紙が設定可能となる。

デスクトップで起動できるのはありがたい。

 

細かいところでは、スタート画面で左下に矢印が追加され、これをクリックすると、アプリ(すべてのプログラム)が表示される。

今まではスタート画面のタイルのないところで右クリック、すべてのアプリをクリック、とわかりにくかった。(8.1 からはこの機能は削除されたようだ)

3


IEのバージョンが 11 になったが、これが くせ者 である。

yahooのトップページも下記の通り IE11に未対応。

Yahoo6

さらに、google ツールバーも使えない。

このブログも 画像の貼り付けが出来ないので、書き込みPCを途中で変更。

等 Windows 8.1 の問題より IE11の問題の方が今のところ多い。

 

Windows 8.1 になることで、デスクトップでの使用では使いやすくなっている。

正式版が出たら、メイン環境に入れても良さそうだ。

より以前の記事一覧