無料ブログはココログ

« 夕焼け | トップページ | iPnone 4 売却 »

2012年8月 5日 (日)

Lenovo IdeaPad S10-3 SSDに交換

IdeaPad S10-3は2010年2月に発表

2011年4月に ほぼ新品状態で友人から購入

近頃あまり見かけないネットブックである

Ideapad_1


基本仕様は

Atom  N455 (1.66GHz 512KB ) → 遅い!

Intel NM10 Expressチップセット

Windows 7 Starter

メモリー:1 GB DDR3 SDRAM → 2Gに置換

ディスプレー:10.1in  1024x600

HDD:160GB 5400rpm.

3セルバッテリー

 

SSDは 安くなってきたので欲しかったが、あまり必要性もないので買っていなかった。

2012年6月末 友人と秋葉原に行ったとき、安い物が出ていたので ついつい衝動買い。

Kingstone SSDNow V+200  120G ¥7,280-

速度は、read 535MB/s , Write 480MB/s と安い割には結構速い。

ネット情報だと 通常は¥11,000-程度するものらしい。(当時)

Intel製が欲しかったが、あまりこだわっていないので安い物を購入。

左がオリジナルの HDD , 右が購入した SSD

Ideapad_3_2


HDD → SSDのドライブ交換は大変簡単

裏のパネルを取るだけで HDDやメモリスロットにアクセス可能。

Ideapad_2


また、パネルは 4カ所のネジ止めであるが、ネジを緩めてもネジがパネルから取れない構造になっていてネジをなくす事が無い。

こういう作りは大変ありがたい。

 

OSのリカバリであるが、通常 Lenovoは HDDにリカバリー領域が入っていて、そこからリカバリを行うが、今回はHDDを交換してしまったので出来ない。

そこで、以前作っておいたリカバリDVDからリカバリーを行う。

但し、以前 別なHDDでリカバリDVDからのリカバリを実行したが途中で再起動を繰り返す、というトラブルでリカバリが出来なかった。

今回もそうなったときは コピーツールで HDD を丸ごとコピーする予定。

 

ということで、外付け DVD Driveを接続してリカバリー開始。

今回は問題なくリカバリーを開始し、30分くらいで OSのリカバリー完了。

Bios等の設定は何も変更なし。

 

色々な設定、アプリインストール等を行い環境を以前に戻す。

昔は楽しんでやっていたが、近頃はめんどくさいと感じてしまう。年かな~。

 

ベンチマークソフトでの検証はやっていない。

昔はたまにやって遊んでいたが、数値だけ比べてもあまり意味が無いかな?などと思い始めて近頃はやらない。

とりあえずPCの起動時間を測定したが、1/2以下となる。

SSD:30秒くらい

HDD:80秒くらい (Windouw Updateしたら 40秒→80秒と起動時間が倍になった。何故?)

エクスペリエンスインデックスだけは調べた。

HDDの値が 5.9 → 7.7 に上がった。

 

SSDに交換したが、基本的に遅いPCは小細工しても速くはならない。

安くて 軽くて そこそこバッテリーが持って そこそこ速いPCが欲しい。(贅沢!)

多分 しばらくIdeaPad 使うのだろう。

« 夕焼け | トップページ | iPnone 4 売却 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

2011年に購入したLenovo 0647AQL(S10-3)をサブPCとして使っていますが、4年も使っているとネット閲覧などのスピードが遅く初期状態に戻そうとOneKey Rcovery7.0にて出荷時ディフォルトリカバリーディスクの作成を試みましたが、リカバリーが入った隠し領域を消したようで「サービスパーティションが見つかりません」と表示されます。Lenovoへ問い合わせするも技術的な問い合わせは有償。修理の場合も高額となるようで、又、リカバリーディスクも販売なしで困っています。
リカバリーが入った隠し領域(フォルダー名と収録ファイル)ノデタを譲っていただけないでしょうか

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lenovo IdeaPad S10-3 SSDに交換:

« 夕焼け | トップページ | iPnone 4 売却 »