無料ブログはココログ

« スカイツリー開業カウントダウン by スペーシア | トップページ | 浅草駅ビル改装 その8 »

2012年5月24日 (木)

USBレシーバーが抜けない / その後

マウスのUSBレシーバーが抜けなくなった話を以前書いた。

http://torablog.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/usb-91de.html

その後の話。

結果は、ポートは使えるようになったが修理したとは言えない。という微妙な結果。

一部破壊してしまった。

 

修理?の顛末

まず、交換用のUSBコネクタを秋葉原で購入。(¥250くらい)

駄目なUSBコネクタをハンダ吸い取り機で取ろうとしたが、ハンダ吸い取り機の熱量が足りずハンダが溶けず 撃沈。

鉛フリーハンダになり融点が高くなったのと、コネクタ全体が金属ケースで覆われているため、放熱してしまいハンダが溶けない。

予想はしていたがこんなに溶けないと思わなかった。

そこで、コネクタをバラして足と本体をニッパーで分離しようとコネクタのケースを外すと、今まで抜けなかった USBのレシーバの金属部分が ポロッと取れる。

Usb_2


あれれれ・・・ 交換する必要ないか。

↓ 外したケースと、右側は買ってきた交換用コネクタ。

Img_2726

ところが、コネクタを取るつもりで手荒にケースを分解したため、挿入するUSB機器をロックする、コネクタ本体のツメ部分を壊してしまった。

Img_2724

堅かったツメが折れて使えなくなったので、これからは抜けなくなる事は無いだろう。

USBメモリを入れてみたが、やはり簡単に抜けてしまう。

まあ、大きな問題ではないか。

パソコンの外観はコネクタの一部 銀色の枠が無くなった。

Usb3_2


若干 難点はあるが、全てのポートが使えるようになったので良しとする。

« スカイツリー開業カウントダウン by スペーシア | トップページ | 浅草駅ビル改装 その8 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

私もそうなった

金属部分だけがのこちゃってる問題が発生しています

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: USBレシーバーが抜けない / その後:

« スカイツリー開業カウントダウン by スペーシア | トップページ | 浅草駅ビル改装 その8 »